セカンドウィンドAC横浜/ランニングクラブ

セカンドウィンドAC横浜

キッズ・ジュニア ブログ

2017.02.05(日) SWAC横浜キッズ・ジュニア教室~第389回目~

投稿日:

週末のSWAC横浜キッズ・ジュニア教室@日産スタジアム&日産スタジアム回廊。

今日は午後から雨予報。
そのため練習前から少し雨が降っていましたが、
練習開始の数十分は雨が霧雨になる…との予報だったので、
30分だけ日産スタジアム内で練習を行うことにしました。

軽くJogを行った後に、すぐ50mを2本です!






普段であれば、入念にアップを行ってから50mに移りますが、
今日はパッと済ませたので、身体は軽かったと思います。

そのため、最初から良い記録が出ましたが、
身体への負担は少し大きくなります。

いつもお話ししていますが、
良い記録が出るということは、
今までの自分を超えるということですから、
自己記録を大きく更新してしまうと、
足の痛みやケガにも繋がったりします。

ですから、普段の練習時はアップで体を温めて、
且つ疲労で少し体を重くして、
徐々に記録を破っていった方が練習にもなりますし、
その状態で記録を出した時の方が本当の力でもありますし、
良い記録を狙いたい試合にも繋がっていきます。

ただ、今日みたいな気象条件や環境だと例外もあるので、
パッとアップして、パッと良い記録が出ると、
自信にもなり、自分の殻も破れたりします。

たまには普段と違うことも刺激になるので、
こんな形の練習も良いかなと思います。

50mの後は、回廊へ移動して、
いつも通りラダーから行います。




ラダーの計測も通常通りです。







そして、再度50mを行いました。






最初に50mを全力で走ったので、
疲れはありましたが、体への刺激も入っていたので、
良い形で走れたように感じます。

50mを2セット行うだけの力がついてきたことは何よりです。

最後は950mのリレーです。













事前に全員のタイムを想定して、
チームごとの時間差を決めてスタートしていますが、
950mのリレーは雨の日限定であまり行わないこともあり、
みんなの力が予想を上回っていることがあり嬉しい悲鳴です。

400mのリレーの中でも可能性を感じることは多々ありますが、
950mのリレーだと、より長距離の特性や、
短距離が得意だからこそ体力が必要である場面などを感じられ、
良い練習となっております。

得意なこと、苦手なこと、
どちらも自分で感じて伸ばしていきましょう。

お疲れさまでした。

来週は、
2月9日(木)は新横浜公園、
2月12日(日)は小机競技場にて行います。

SWAC横浜のスケジュールはコチラ

W-KASHIWAGURA

-キッズ・ジュニア, ブログ

Copyright© セカンドウィンドAC横浜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.