セカンドウィンドAC横浜/ランニングクラブ

セカンドウィンドAC横浜

キッズ・ジュニア ブログ

2016.11.13(日) SWAC横浜キッズ・ジュニア教室~第369回目~

投稿日:

週末のSWAC横浜キッズ・ジュニア教室@新横浜公園。

午前中に引き続き暖かい気候となりました。
しばらく暖かいという予報は出ていますが、
急に寒くなることもあるので、
できるだけ暖かい格好でお過ごしいただければと思います。

では、みんなでJogから。
dsc08479_r
例の危険な穴…が塞がってからは
初めての週末練習となりました。
これで、安全に走ることができて何よりです。

そしてラダードリル。
dsc08483_r
dsc08484_r
dsc08485_r
dsc08486_r
dsc08489_r
dsc08492_r
dsc08494_r
種目は、芝生の平地なので、
普段通り少し多めに行いました。

先週あたりから、
足ではなく腰から跳ぶように意識しています。
足だけで跳んでしまうと腰の位置がずれ、
力もうまく伝わらないので、
最初に行う腰が高い姿勢を活かせればと思います。

その後は計測。
dsc08497_r
dsc08499_r
dsc08501_r
dsc08502_r
dsc08506_r
dsc08508_r
dsc08524_r
dsc08532_r
dsc08533_r
dsc08536_r

続いて、50m&100mです。
dsc08540_r
dsc08541_r
dsc08543_r
dsc08544_r
dsc08546_r
dsc08552_r
dsc08556_r
冬場の芝生となり、芝生も少し濡れていたので、
走りにくい中でしたが、
体が浮かないように、回転数を上げて
走れたかなと思います。

トラックやアスファルトと違って
タイムは伸びにくいのですが、
その分、足にやさしく、疲れも溜まりにくいので、
積極的に本数をこなすことができます。

これが芝生で練習を行うメリットの一つですね。

最後のリレーまで、疲れはあっても、
走りぬくことができたように感じます。

最後に少しお話ししましたが、
みんな練習を行うので疲れはあります。
下級生ばかりが疲れて上級生になったから疲れない…
ということはありません。

みんな練習を行うことで力はついてきます。

しかし、そこで終わりではありません。
その力の中で走り切りタイムが伸びるということは、
そこから、また新たな始まりがやってくるわけですから、
自分を超えていくために、また違った経験が疲れを感じさせます。

それを何度も繰り返していくことで、
さらに伸びていきます。

記録を更新するための終わりなき旅…
という表現は少し大げさですが、
自分の大きな可能性を追い求めて走り続けて頂ければと思います。

お疲れさまでした。
dsc09315_r

来週は、
11月17日(木)・19日(日)ともに新横浜公園にて行います。

SWAC横浜のスケジュールはコチラ

W-KASHIWAGURA

-キッズ・ジュニア, ブログ

Copyright© セカンドウィンドAC横浜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.